「目的を達成する手段は1つではない」古里さんの働き方

トレーナーの働き方

「福岡ソフトバンクホークス初の女性コンディショニングコーチになる」という夢を掲げ、着実にステップアップしている古里(ふるさと)さんに、スポーツ業界での働き方やご自身の経験についてお話を伺いました!

古里さんのご紹介

名前

古里緑(ふるさとみどり)

年齢

23歳(1995年生まれ)

出身

熊本県

出身校

総合学園ヒューマンアカデミー福岡校
スポーツカレッジ スポーツトレーナー国際ライセンス専攻

プロフィール

学生時代から、「福岡ソフトバンクホークス初の女性コンディショニングコーチになる」という夢に向かって真っ直ぐ生きてきた。

柔軟性へのアプローチを強みにすべく入社したストレッチ専門店では、約1000人のトレーナーのうち数名しかいない選抜トレーナーに最年少で選出された実績を持つ。

人々を笑顔に、そしてポジティブにさせる彼女の前向きなエネルギーと結果を出すまで諦めない粘り強さには定評がある。

今はどんな仕事をされていますか?

曜日ごとに異なるテーマのグループセッションを提供している
ワークアウトスタジオのパフォーマンスコーチ(1年目)と

ストレッチの専門店のトレーナー(4年目)がメインの仕事です。

雇用形態としては、業務委託契約とアルバイト契約なので、正社員ではありません。

他にも少年野球チームのコンディショニングや学生トレーナー団体のサポートも行っています。

今の仕事についた経緯を教えてください

グループセッションのパフォーマンスコーチの仕事は、師匠と仰いでいるトレーナーの方の紹介です。

いつかこの方と一緒に仕事がしたい!
もっと近くで背中を追いかけたい!

という想いが通じて、声をかけていただきました。

ストレッチ専門店のトレーナーの仕事は、専門学校卒業の年に新卒採用の試験を受けて入社しました。

正直、とりあえず内定が欲しくて軽い気持ちで受けた会社ですが、素敵な上司や仲間と出会い、たくさんのチャンスをいただいてきたので、今思うと本当に良い選択をしたと思います。笑

仕事のやりがいはなんですか?

私がこの仕事が大好きな理由にもなってきますが、人生に前向きな影響を与えられること!

特に印象に残っている出来事が2つあります。

1つ目はストレッチ専門店でのお客様。
幼少期から運動が嫌いだったお客様が、人生で初めて前屈で地面にべったり手がつけたことがきっかけで、フルマラソンに挑戦できるようになりました。

2つ目は、とある高校球児。
スキルや戦術の指導は監督、心身のコンディショニングは自分、と互いの強みを生かして選手に貢献できたときに大きなやりがいを感じました。

理想とするフォームがあるのに、選手はそのフォームを習得できていなかったので、選手が本来持っている能力を引き出す運動処方を行いました。

選手の感覚と監督の経験や知識と照らし合わせながらアプローチすることで、チームとしての仕事の楽しさに気づきました。

また、横の繋がりが強い業界であることも魅力的です。

セミナーや食事会でお会いする先輩方の話はとても刺激的ですし、熱い志を持つ同世代の仲間の存在は大きな励みになります。

同じスポーツ業界でも異なるバックグラウンドの方々と会える環境に会える環境はありがたいです。

最近ではSNSで気軽に連絡交換できる時代なので、積極的にやり取りするように心がけています。

仕事の中で大変なことはなんですか?

ずばり、スケジュール管理です。

今の私の働き方のメリットは自分でシフトを決められることですが、逆に言うと誰も私の勤務時間や休日を管理してくれません。

働くこと自体が楽しくて大好きですし、もっと成長したい!経験したい!という思いから仕事を詰め込みすぎた結果、体調を崩してしまったことがありました。

それからはスケジュールに余裕を持つことと休養やリフレッシュの時間を確保することを意識するようになりました。

人々の健康に関わる仕事をする者として、自身の心身の健康管理の大切さを感じています。

健康な人に言われることで説得力もアップしますよね!

仕事で失敗したことを教えてください

たくさんありますが、コミュニケーションの取り方で失敗してしまったことが多いように感じます。

報連相(報告・連絡・相談)を怠ったことで問題が大きくなってしまったり、
信頼関係が構築されていなかったことでネガティブな解釈が生まれていたり。

上司と部下、お客様とトレーナー、同僚、いずれの関係性も、「人と人」という関係性であることには変わりません。

分かっていたつもりで社会人になってしまったので、本当に多くの方々に迷惑をかけてしまいました。

まずは相手の話を聞く、そして本音を引き出す。

その際に、言葉に現れない感情や背景を汲み取る。

そういったコミュニケーションを大切にすることを心がけています。

スポーツ業界で働きたい人へのメッセージ

実は私は、
「ソフトバンクホークスの選手のパフォーマンスアップやチームの勝利に貢献する」というのが目的なので、

コンディショニングコーチになるというのは1つの手段でしかありません。

事実、小学生の頃はヤフオクドーム(ホークスの本拠地)のウグイス嬢、中学生の頃は球団の専属チアダンスチームに憧れを抱いて、放送委員会に入ったりダンスを習ったりしました(笑)

その後はコンディショニングコーチに的を絞ってここまで来ましたが、今後どうなるかは分かりません。

目的を達成するための手段が、他にもあるかもしれません。

つまり、スポーツ業界に関わる方法はたくさんあるということです。

スポーツ業界で何がしたいのか?
なぜ、それがしたいのか?
自分にしかできないことは何なのか?

自問自答していくと、ビジョンが明確に描けるようになります。

自分の可能性を信じて、夢に向かって突き進んでいきましょう!

いつの日か、一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

その時は、ぜひ声をかけてくださいね!

【トレーナー向けのさらなる学びを配信中!】

トレーナーズアカデミー会員になると 過去のセミナーや勉強会の動画が見放題に!!

詳しくは画像をタッチ!

↓↓↓