NSCA 認定パーソナルトレーナーのための基礎知識

この記事ではNSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)の試験を合格するために必要な基礎知識をまとめました。

必要な基礎知識

・解剖学
・運動生理学
・エクササイズの正しいテクニックと一般的な誤り
・外傷、傷害
・内科的疾患
・栄養
・心理学

解剖学

NSCA-CPTの試験で求められる解剖学の知識は主に以下の通りです。
・骨
・筋とその作用
・エクササイズの主働筋

骨がそのまま問題になることはありませんが、エクササイズや整形外科的疾患と絡めた問題が出題されます。筋に関しては関節運動に関与する筋、エクササイズの主働筋を答える問題などで多く出題されます。解剖学をきちんと理解して基礎を固めましょう。

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中)

運動生理学

NSCA-CPTの試験で求められる運動生理学の知識は主に以下の通りです。
・エネルギー供給機構

筋線維の特徴、身体活動に必要なエネルギーが産生される仕組み、エクササイズによるエネルギーの使われ方の違いなどが問われます。初めて学ぶ方には少し難しく感じる部分ではありますが、ヒトの身体を学ぶ上では重要な分野になります。

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中)

エクササイズの正しいテクニックと一般的な誤り

NSCA-CPTの試験で求められるエクササイズに関する知識は主に以下の通りです。
・正しいエクササイズの動き
・一般的な誤り
・補助者の役割

エクササイズテクニックの問題は動画をみて解答するものがほとんどです。そのため正しいエクササイズの動きを理解しているか、一般的な誤りがどのような動きかを把握する必要があります。エクササイズの名前と主働筋のみの理解では得点することは難しい分野です。正しい動き、誤った動きがわかるようになると点数が大幅にアップする可能性があります。

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中)

外傷・傷害

NSCA-CPTの試験で求められる外傷・障害の知識は主に以下の通りです。
・発生機序
・禁忌となる動作

外傷・障害に関する問題ではリハビリとしてのエクササイズがよく問われます。外傷・障害を抱えているクライアントへのエクササイズの選択、正しい動作の誘導など。

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中)

内科的疾患

NSCA-CPTの試験で求められる内科的疾患の知識は主に以下の通りです。
・疾患名
・基準値

内科的疾患に関する問題は、出題形式としてクライアントさんの情報から読み取ることが多いです。そのため疾患名とその基準値を覚えておく必要があります。

例えば、高血圧に関してです。高血圧の基準値としては、安静時血圧:140/90mmHg以上(拡張期/収縮期)です。また、冠状動脈疾患の危険因子やメタボリックシンドロームに該当する基準等も覚える必要があります。

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中)

栄養

NSCA-CPTの試験で求められる栄養の知識は主に以下の通りです。
・3大栄養素
・1日あたりの推奨摂取量
・1gあたりのカロリー

栄養に関する問題は主に計算問題として出題されます。

そのため3大栄養素ごとの1日あたりの推奨摂取量、1gあたりのカロリー、を覚えておく必要があります。これさえ覚えておけば、あとは文章を読み取り計算式を立てるだけです。

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中)

心理学

NSCA-CPTの試験で求められる心理学の知識は主に以下の通りです。
・目標設定
・動機付け

心理学に関する問題は言葉やその意味を覚えることで解けるようになるものが多いです。例えば、過程目標・成果目標・パフォーマンス目標の定義と具体例、動機付けの種類などです。理解できるまでは少し時間がかかってしまうかもしれませんが、理解できるようになれば点数が上がりやすい内容です。

もっと詳しく知りたい方はこちら(準備中)

 

以上、NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)の試験を合格するために必要な基礎知識でした。

資格取得のための参考になっていれば幸いです。

-資格勉強法
-,