学生トレーナーがサッカーの本場イングランドへ留学する理由

海外研修

「大学卒業後は海外へ」
その想いを胸に、スポーツアライアンス主催イングランド フィジオ研修に参加する重川さん。

現地では何を学び何を得たいのか、どんな準備をして向かうのか。
出国前にお話を伺いました!

重川さんのご紹介

重川紘輝
所属:東京有明医療大学 保健医療学部 柔道整復学科
出身:広島県

年齢:19歳

サッカーの本場イングランドへの研修

ーーどんな海外研修に参加しますか?
スポーツアライアンス主催のイングランドでのフィジオ研修に参加します。

ーー今回、イギリスのどんなところへ行かれますか?
イギリスのロンドン近辺に行きます。サッカーだけではなく、ラグビーなども見学する予定です。

小学校から憧れた舞台を肌で感じたい

ーー今回の研修で楽しみなことはなんですか?
やっぱりプレミアリーグが観れるのが楽しみです。憧れの舞台を肌で感じられるので。小学校くらいから知っていたのですごく楽しみです。

他はラグビーチームも見学できるので、イギリスの育成がどういう形になっているのか、アカデミーも見れるのでしっかり確認してきます。トップだけじゃなくて、育成年代も見れるのが楽しみです。

ーープレミアリーグとJリーグの違いはなんだと思いますか?
まだ行ったことがないので明確には分かりませんが、サポーターの熱量が違うんじゃないかと思います。

テレビ越しにもそれは伝わってきたので。それを肌で感じ、思いっきり楽しんで観戦してきます。

世界に出て感じた日本との違い

ーー海外研修に参加しようと思ったきっかけはなんですか?
2019年9月にモンゴルに行きました。それが初海外でした。

それがきっかけで、日本の当たり前は当たり前じゃないんだなと思いました。

大好きなプレミアリーグも観れるし、トレーナー関係のことも学べるということだったので決めました。

ーーモンゴルは何をしに行ったんですか?
学校の実習で、自分が所属している大学がモンゴルの大学と提携をしていて、日本の柔道整復師の伝統医療を伝えるために学科を作りました。自分たちの先生が実習するのを見学しました。

ーー今回、海外に行く抵抗はなかったですか?
なかったです。初めての時はちょっと怖いなと思いました。

ーー海外研修に参加しようと思った決めてはなんですか?
プレミアリーグ観戦です。それが一番大きいです(笑)

プレミアリーグでは選手だけでなく、ウォームアップを担当するトレーナー、救急対応のトレーナーの動きを見ることも楽しみです。一流の試合でのトレーナーの動きをしっかり見てきます。

大学卒業後は海外へ

ーー現地でやってみたいことはありますか?
今は大学を卒業したら、海外に行きたいと考えています。

今回はそのビジョンを決める材料を見つけられたら良いなと思います。

英語は全く話せません!

ーー英語はどのくらい話せますか?
全く話せません。ですが不安はないです。笑

1週間でどのくらい耳が慣れるのか、気になっています。

全力で海外研修に取り組みます

ーー今回の研修に臨む意気込みをお願いします!
全力でプレミアリーグを盛り上がって観戦してきます!そして将来のビジョンを決めるための行動をしてきます。

限られた研修の時間を精一杯、頑張ってきます!

イングランド フィジオ研修

イングランド研修では現地のサッカーチーム、ラグビーチーム、大学スポーツ施設、治療施設などを見学し、フィジオセラピスト(理学療法士)の実際の業務を見学します。

現日本代表選手との交流や、元日本代表でイギリスでプレーする選手への施術ができる貴重な経験ができるのもこのプログラムならではです。
細は画像をクリック。

トレーナーズアカデミー