【動画】ACL損傷から選手を守る正しい動き作りと予防法

会員限定/動画

2018年10月に行われた
『ACL損傷から選手を守る 正しい動き作りと予防法』
のセミナー動画です!
※動画は記事の下にあります!

セミナーの内容

8/31-9/7に開催されたイングランド研修。
そこで見学してきた治療施設では、年間で200件を超えるACL損傷患者がリハビリを受けていました。

コンタクトスポーツに多い『ACL(前十字靭帯)損傷』治療では靭帯再建手術が一般的で、
スポーツ復帰には最低でも半年かかり、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

再発率も高く、スポーツ選手を苦しめる怪我の一つです。

今回は怪我を誘発してしまう体の使い方に着目してACL損傷の予防について勉強していきます。

イングランド研修へ参加した講師と学生によるセミナーです。

講師紹介

森川稔之氏 

◯日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
◯青山学院大学女子ラクロス部トレーニングコーチ
◯東京23FC トレーニングコーチ

高校、大学とサッカーを続けていたが大学3年生の時、プレー中に肩を脱臼。半年間に及ぶリハビリを経験する。
自分自身が怪我で辛い思いをした体験やトレーナーとの出会いから「ケガによって辛い思いをする選手を1人でも減らしたい!」とトレーナーの道を志す。
大学卒業後、トレーナーを目指して専門学校へ進学。

当時、現役合格率10%以下という難関資格「日体協公認アスレティックトレーナー」の資格を現役合格。

卒業してすぐフリーのトレーニングコーチとして活動を開始する。
2014年には、社会人女子ラクロスチーム「CHEL」のトレーニングコーチとして、東日本リーグ優勝に貢献した。
指導の中ではカラダだけでなく、メンタル面にも着目し、選手の心の成長やチーム内でのコミュニケーションの改善などカラダとメンタルの両面からチーム力向上のサポートを行っている。
また、スポーツチームへの指導だけでなく、一般の方へのパーソナル指導や専門学校の講師、セミナー講師など幅広く活動している。

セミナー動画

ここから先は会員限定の内容です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について