僧帽筋の機能解剖、起始・停止・作用まとめ

機能解剖学

起始・停止・作用・支配神経・使われる場面など
僧帽筋の機能解剖に関するまとめ記事です!

日々の勉強にご活用ください!!

僧帽筋の機能解剖

©teamLabBody-3D Motion Human Anatomy
英語表記:trapezius

肩関節の上部を覆う片方では三角筋の平らな筋。左右を合わせて見ると菱形のようで「僧帽」に似ているため僧帽筋と呼ばれている。上部繊維、中部繊維、下部繊維の3部に分けられ、それぞれ働きも異なる。三角筋を補助し、肩甲骨を安定させる働きをする。この筋の過緊張がいわゆる肩こりを引き起こす。

起始

後頭骨の上項線
外後頭隆起
項靭帯
第7頸椎以下全胸椎の棘突起および棘上靭帯

停止

鎖骨外側1/3
肩峰
肩甲棘

作用

上部:肩甲骨の挙上、上方回旋
中部:内転
下部:下制、上方回旋

支配神経

副神経の外側枝、 頸神経叢の枝 C2~4

僧帽筋が作用する代表的な動作

日常生活動作

・肘を浮かせて文字を書く
・重い物を持つときに肩甲骨が下がるのを防ぐ

スポーツ動作

・ウエートリフティングでバーベルを低いところから持ち上げる
・ボート競技のこぐ動作

僧帽筋のトレーニング

この記事で僧帽筋のトレーニングを3つご紹介しています!
ぜひ現場で参考にしてみてください!

『僧帽筋のトレーニング3選(準備中)』

僧帽筋のストレッチ

この記事で僧帽筋のストレッチを3つご紹介しています!
ぜひ現場で参考にしてみてください!

『僧帽筋のストレッチ3選(準備中)』

他の筋肉の機能解剖はLINE@で検索できます!

他の筋肉についても勉強したい方は
ぜひトレーナーズアカデミーの
LINE@にご登録ください!

登録後に知りたい筋肉の名前を
メッセージで送ってみてください!!
↓↓↓↓↓

引用・参考

とてもわかりやすいアプリ・書籍なので、
まとめて勉強したい方は購入してみてください。

◯teamLabBody|3D人体解剖アプリ
チームラボ株式会社
◯動作でわかる 筋肉の基本と仕組み
石井直方(監修)、山口典孝・左明(著)、株式会社マイナビ(発行)
◯消っして忘れない 運動学要点整理ノート 付録
福井勉・山崎敦(著)、羊土社(出版)

 

■機能解剖まとめの記事一覧

【トレーナー向けのさらなる学びを配信中!】

トレーナーズアカデミー会員になると 過去のセミナーや勉強会の動画が見放題に!!

詳しくは画像をタッチ!

↓↓↓