僧帽筋のパートナーストレッチ

僧帽筋のパートナーストレッチのご紹介です。

僧帽筋のパートナーストレッチ(側臥位)

手順①

クライアントの左の肩甲骨を下制させる。
両手で左肩を、脚方向(肩甲骨下制)に牽引する。

 

※ストレッチのポイント・注意点
・頚部を脱力させる。
・肩甲骨を挙上させない。
・腕の力ではなく、自分の体重を利用して牽引する。

僧帽筋のパートナーストレッチ(側臥位) 一連の流れ

僧帽筋のパートナーストレッチ(座位)①

手順①

クライアントに後頭部で両手を組んでもらう。
クライアントの両肘を閉じる。
体幹部を丸めるように、クライアントの肘を誘導する。

※ストレッチのポイント・注意点
・肩甲骨を挙上させない。
・繊細な部位なので強度に注意する。
・痛みや違和感の出ない可動域で実施する。

僧帽筋のパートナーストレッチ(座位)① 一連の流れ

僧帽筋のパートナーストレッチ(座位)②

手順①

頚部を右に側屈させる。

手順②

左手を肩峰に、右手を左側頭部の置き、遠ざけるように伸ばす。

※ストレッチのポイント・注意点
・体幹部を側屈させ過ぎない。
・繊細な部位なので強度に注意する。
・痛みや違和感の出ない可動域で実施する。

僧帽筋のパートナーストレッチ(座位)② 一連の流れ

詳しいやり方をさらに知りたい方はテキストを

僧帽筋の機能解剖

【起始】
後頭骨の上項線
外後頭隆起
項靭帯
第7頸椎以下全胸椎の棘突起および棘上靭帯

【停止】
鎖骨外側1/3
肩峰
肩甲棘

【作用】
上部:肩甲骨の挙上、上方回旋
中部:内転
下部:下制、上方回旋

パートナーストレッチセミナー

開催日
講師
時間更新単位
NSCA
JATI
お申し込み
2/5
@愛知
西口
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 3.0単位付与
申込はこちらから
2/23
@福岡
上杉
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 3.0単位付与
申込はこちらから
2/26
@東京
古里
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 2.4単位付与
申込はこちらから
3/21
@東京
古里
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 2.4単位付与
申込はこちらから
4/15
@東京
古里
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 申請中
申込はこちらから

© 2023 トレーナーズアカデミー Powered by AFFINGER5