三角筋のパートナーストレッチ

三角筋のパートナーストレッチのご紹介です。

手順①

クライアントの左腕を持ち上げ、天井方向に牽引する。

手順②

クライアントの肩関節を屈曲させる。
背中の隙間に左膝を滑り込ませる。

手順③

クライアントの左肩を引き下げながら、水平内転させる。

※ストレッチのポイント・注意点
・胸の詰まり感がある場合は、肩関節を天井方向に牽引しながら動かす。
・肩甲骨を挙上させない。
・腕と顎がぶつかり、首が締まらないようにする。

一連の流れ

詳しいやり方をさらに知りたい方はテキストを

正しく効率的で効果のあるストレッチを習得したい方はセミナーを

三角筋の機能解剖

三角筋の筋肉の機能解剖は以下の通りです。
【起始】
鎖骨の外側端、肩峰、肩甲棘

【停止】
上腕骨の三角筋粗面

【作用】
前部:肩関節屈曲、水平屈曲、内旋
中部:肩関節外転、水平伸展
後部:肩関節伸展、水平伸展、外旋

パートナーストレッチセミナー

セミナー名開催日
講師
時間更新単位
NSCA
JATI
お申し込み
パートナーストレッチスタンダード17/21
@東京
古里
10:00-17:00NSCA 0.6単位付与
JATI 2.4単位付与
申込はこちらから
パートナーストレッチスタンダード19/28
@東京
古里
10:00-17:00NSCA 0.6単位付与
JATI 2.4単位付与
申込はこちらから
パートナーストレッチスタンダード29/29
@東京
古里
10:00-17:00単位付与なし申込はこちらから
パートナーストレッチスタンダード110/13
@名古屋
西口
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 3.0単位付与
申込はこちらから
パートナーストレッチスタンダード12025/2/16
@名古屋
西口
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 3.0単位付与
申込はこちらから