内転筋のパートナーストレッチ

内転筋のパートナーストレッチのご紹介です。

膝屈曲位内転筋のパートナーストレッチ

手順①

クライアントの左膝を屈曲させ、左足裏を右腰に当てる。

手順②

クライアントの右の骨盤を、左手で押さえる。
クライアントの左膝に右手を当てる。
体の位置を動かし、クライアントの左股関節を外転させる。

 

※ストレッチのポイント・注意点
・床と平行に股関節を外転させる。
・クライアントの骨盤を押さえ、動かないようにする。
・非ストレッチ側の股関節の内転に注意する。

膝屈曲位内転筋のパートナーストレッチ 一連の流れ

膝伸展位内転筋のパートナーストレッチ

手順①

左手をクライアントの右内ももに添える。

手順②

体の位置を動かし、クライアントの左股関節を外転させる。

 

※ストレッチのポイント・注意点
・足関節は最大背屈位で固定する。
・膝関節は完全伸展位で行う。
・腕だけではなく、体重を利用してストレッチをかける。

膝伸展位内転筋のパートナーストレッチ 一連の流れ

詳しいやり方をさらに知りたい方はテキストを

内転筋の機能解剖

内転筋は

「大内転筋」
「長内転筋」
「短内転筋」

の3つの筋肉の総称です。

それぞれの筋肉の機能解剖については
以下をご覧ください。

・大内転筋
【起始】
坐骨下枝の前面,坐骨結節の 下面

【停止】
大腿骨粗線の内側唇(小転子 から内側上顆まで)

【作用】
股関節内転・伸展(後部)・屈曲(前部)

・長内転筋
【起始】
恥骨結合前面と恥骨結節にわたる三角形の面

【停止】
大腿骨粗線の内側唇中部1/3

【作用】
股関節内転(屈曲,外旋)

・短内転筋

【起始】
恥骨結合と恥骨結節の間

【停止】
大腿骨粗線の内側唇上部1/3

【作用】
股関節内転(屈曲,外旋)

パートナーストレッチセミナー

開催日
講師
時間更新単位
NSCA
JATI
お申し込み
2/5
@愛知
西口
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 3.0単位付与
申込はこちらから
2/23
@福岡
上杉
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 3.0単位付与
申込はこちらから
2/26
@東京
古里
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 2.4単位付与
申込はこちらから
3/21
@東京
古里
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 2.4単位付与
申込はこちらから
4/15
@東京
古里
10:00-16:30NSCA 0.6単位付与
JATI 申請中
申込はこちらから

© 2023 トレーナーズアカデミー Powered by AFFINGER5