ストレングストレーニングテキスト確認問題一覧

1 ベンチプレスのやり方で間違っているものを答えなさい。

1.シャフトはバストトップの位置に下ろす。
2.反動をつけず、コントロールして実施する。
3.手関節の過度な背屈を防ぐため、中手骨の上にシャフトを乗せる。
4.肩甲骨の挙上を避けるため、耳と肩の距離をできるだけ離して実施する。

答えはこちら

2 チンニングのやり方で間違っているものを答えなさい。

1.肩幅1.5倍程度の広さでチンニングバーを握り、ぶら下がる。
2.肘を体の横で曲げながら、体を持ち上げる。
3.顎を挙げ、バストトップをチンニングバーに近づける。
4.重力に抗するように、ゆっくりと体を下ろす。

答えはこちら

3 スクワットのやり方で間違っているものを答えなさい。

1.足を肩幅に開き、スタンスを取る。
2.股関節、膝関節、足関節を同時に曲げながら、しゃがむ。
3.腰から頭までを床と垂直に保ちながら実施する。
4.膝とつま先を同じ方向に向けて実施する。

答えはこちら

4 スティフレッグデッドリフトのやり方で間違っているものを答えなさい。

1.足を腰幅に開き、スタンスを取る。
2.股関節を曲げてかがんだポジションでシャフトを握り準備する。
3.床を踏ん張る力で、膝関節を優位に伸展させながら立ち上がる。
4.重力に抗するように、ゆっくりとシャフトを下ろす。

答えはこちら

5 ヒップレイズのやり方で間違っているものを答えなさい。

1.仰向けになり、手を体側の横、床に置き支える。
2.両足を持ち上げて、股関節を90°屈曲させる。
3.腰椎の屈曲動作ではなく、股関節の屈曲動作でお尻を持ち上げる。
4.重力に抗するように、ゆっくりとお尻を下ろす。

答えはこちら

6 身体の仕組みについて、正しいものはどれかを答えなさい。

1.遅筋線維は、強く速く収縮するが、疲れやすい。
2.筋原線維は、主にアクチンとミオシンからなる。
3.等尺性収縮は、「短縮性収縮」と「伸張性収縮」がある。
4.随意運動の指令を出し、制御しているのは骨格筋である。

答えはこちら

7 体力について間違っているものはどれかを答えなさい。

1.パワー:行動を起こす能力
2.柔軟性:行動を調整する能力
3.筋持久力:行動を起こす能力
4.平衡性:行動を調整する能力

答えはこちら

8 トレーニングの原則で間違っているものはどれかを答えなさい。

1.過負荷の原則は、日常と同じ負荷を繰り返しかけることで効果が出る。
2.全面性の原則は、すべての面でバランスよく鍛えることをいう。
3.反復性の原則は、続けることで効果が発揮されることをいう。
4.漸進性の原則は、体力の向上に従って、負荷も徐々に上げていくことをいう。

答えはこちら

9 負荷設定(1RM)について正しいものはどれかを答えなさい。

1. 最大筋力:30〜60%
2. 筋肥大:67〜85%
3. 筋持久力:70%以上
4. 筋パワー:80%以上

答えはこちら

10 トレーニングの基礎理論について間違っているものはどれかを答えなさい。

1. 運動神経とそれに支配される筋線維を運動単位という。
2. 刺激を与える前より、その筋肉が高いレベルまで回復する現象を超回復という。
3. 防衛体力は、運動を遂行するための基本的な能力を指す。
4. 筋収縮は、等尺性収縮と等張性収縮に大別される。

答えはこちら

 

 

© 2021 トレーナーズアカデミー Powered by AFFINGER5