バックスクワット

主働筋

大殿筋、ハムストリングス、 大腿四頭筋

クライアント:開始姿勢

・バーベルの下に身体を置き、 左右の足を互いに平行にする。
・高いバーポジションを用いて、 バーベルを握る。
・肩幅よりわずかに広く、 プロネイティッド(クローズド) グリップでバーベルを握る。
・バーベルの下に頭をくぐらせ、 首の付け根と三角筋後部に均等にバーベルが乗る位置に身体を移動させる。
・肘を上げ、バーベルを据えるための「棚」をつくる。
・肩甲骨を互いに内側へ引き寄せる。
・しっかり胸を張る。
・殿部はシートにつけ、背中はパッドに付け真っ直ぐに保つ。
・両脚は互いに平行を保持する。
・大腿がプラットフォームに対して平行になるまで股関節と膝を曲げる。

一般的な誤り

・動作中、 プラットフォームからかかとが浮いたり、殿部がシートから離れたり、ハンドルから手が離れる。
・動作中、 膝が股関節内転により内側に、 あるいは股関節外転により外側に動く。
・前方への動作段階の終了時に、 膝をロックする。


(膝が股関節内転により内側に動く)